旧医院
旧病院の建直しのお手伝いです。敷地内の空地に仮診療所を設け、継続診療しながらの工事でした。
先生始め、患者様にはご迷惑をおかけしましたが無事に新築開院され、ホットです。
内覧会には、1日で500組の方々がお見えになり、ビックリーーーーー弊社の経験でもこれには本当にビックリしました。長年の病院様に対する患者様のご支持の賜物ではーーーーー傍らでお手伝いに参加させていただけましたことは、設計者冥利に尽きます。改めて感謝と共に御礼申し上げます。
                        
新医院
建築場所は、名古屋市内でしたが、院長先生とのお打ち合わせは、北陸と名古屋ーーーーーー勤務されながらの打合せでしたが、綿密なお打ち合わせの機会を重ねていきました。
限られた敷地の中で、患者様の居心地と診療機能をち密に盛り込み、また住宅併用という機能も盛り込み、それぞれのニーズを形にしていきました。雪の時期にソロソロと走った北陸道が、今となっては懐かしく感じられます。サイン計画と共に夜景も重要ポイント、院内の照明計画にも配慮が必要です。
外観夜景(アーチドバルコニーが優しい)    待合・受付(緩やかなカーブが優しい)