弊社の動物病院のお手伝いがスタートしましたのが2000年

22年で220数件を超えることとなっておりますが、

当初は、既設病院数も少なく、新規開業すればーーーーの時代でした。

昨今では、マーケットの隙間が少なくなり、いや!ーーなくなりつつあり、新規開業地の選定も厳しい時代となっております。

マーケット分析、需要予測の重要性が更に高まっています。

根拠のある一日の来院頭数の読み込みから、事業収支を検討することが重要です。

こうした「戦略的マーケット分析」の上での、「戦略的病院の設計」が必要となります。

昨今の弊社お手伝い案件では、

◆既存病院の移転新築、増改築、増床、分院展開等々(次世代承継も含めて)ーーーーーー

◆新規開業はもとより、リピーター案件も顕著となっています。

「戦略的動物病院」として開業され次のステップへーーーーー

・テナント開業→将来工事としていた部分の着手、隣接テナントへ増床、更に大きなテナントへ移転、別敷地への移転新築、分院展開、等々

・新築開業→開業段階で将来工事としていた部分への着手(当初平屋建て→2階増築も設定可能)、別棟増築、分院展開、等々

要因としては、

・盛業域での確実なステップアップ(診察領域の拡張・検査処置空間の充実等)

→コロナ禍での「待合空間」対策、対応も重要。

・獣医療品質の向上(専門科機能の充実、CT・MRI等の導入)

・飼育率:イヌ<ネコへの配慮(待合、入院室等)

・院内福利厚生の充実。

◆2次病院のお手伝いが増えてまいりました。

・動物医療の1次病院(町の獣医さん)に合わせ、昨今では「専門医療」を提供される「2次病院」の需要も増えてまいりました。

→弊社案件でも、各先生方との膝詰めの御打合せにより、様々なノウハウの蓄積に努め、取り組まさせて頂いております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まずは、お声がけください。(弊社HP「お問合せ」より―――――)

随時、御面談受付中です。(初回面談の御相談料は無料です。)

「但し、病院訪問の場合、遠方(東海三県下以外)は、

実費交通費等の御負担をお願いしております。」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

★開院当初はーーーーー平屋建てでの開業!

短期間で盛業域にーーーーー2階建増築へ!

盛業域の中ーーーー付加機能として、待合の増床(ネコ待合)・手術室の充実・トリミング新設・スタッフ福利厚生の充実

開業計画当初より、将来拡張・増築に備えた設計としてーーーーーー「戦略的動物病院」

今後更なる機能拡張を目指しーー当該病院は、駐車場も至近距離に確保しー古今奮闘中!!!

 

 

★「動物心臓外科センター」

「南東京動物医療センター」

広域エリアへの2次病院機能を備えた病院ーーーーーーーー

「町の獣医さん」を上回る機能を備えた病院ーーーー

2次病院としてのイメージを創り出すためにーーー設計者冥利に尽きるお手伝いでしたーーーーーー

病院長はじめ病院関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。また短期間でありながら古今奮闘いただきました工事関係各社の皆様に、この場をお借りし重ねて厚く御礼申し上げます。

 

★某中核都市での開業ーーーーー

需要予測は確保できていてもマーケットの隙間の少ないエリアでの開業はーーーーー

競合病院との「差別化」が必須となります。競合病院の「弱点」を明確にし、新規病院では、「弱点」の少ない病院としてであれば、開業可ーーーーー当該病院は、将来展望要素も持ち合わせーーーーいざ!「開業へ!!!」

★地方都市の準幹線道路沿い

コストパフォーマンスより当該病院は、プレファブ工法でーーーー

昨今のプレファブは、デザイン性への対応も可能であり、インテリアにおいては、一般工法と同等仕様が可能となっています。

当病院開業時では、一般工法より安価な市況ではあったものの、昨今では、同一価格帯となってきており、工期短縮には一役買うものの一考が必要な状況です。

 

 

コロナ禍ーーー一向に治まってまいりませんがーーーーー

新規開業、既存病院のステップアップ(移転、増改築、改装等々)ーーーー顕著に進行中です!

★新規開業「テナント」

地方都市の幹線道路沿いーーーペット共生マンションの1階

ワン・ネコ:別入口・待合・診察の病院ーーーーー

田園風景の中に、一光の明るさを放つ「アニマルクリニック」誕生です!!!

★新規開業「戸建て」

地方都市の某商業施設内に新規建設しての開業!!!

通常は、こうした開業スキームは難しいのですが、弊社+協力不動産業者により実現した事例。

施設内の他の業態との共存で、相乗効果も期待されて実現しました。駐車場も十分に備え持った病院としてーーーーーーーー

関係各位の皆様に、この場をお借りし厚く御礼申し上げます。

**************************

◆「戦略性」の一つとしてーーーーーーー

特に新規開業の場合、予算枠に制限はつきものです。

需要予測に基づいた事業収支にて、金融機関融資(資金調達)となる訳ですが、必ずしも満額回答とはなりません。

しかも今般では、コロナ禍、ウクライナ情勢により前例を見ない建築費等の異常なほどの高騰に対峙しなければならなくなっております。

限られた御予算の開業ではーーー売り上げに起因するアイテム(要素)に先行し資金投入することが寛容です。その見極めが重要です。売り上げが上がってから付帯機能を付加する戦略を推奨しています。

開業計画初期の設計段階では将来像を明確にした計画をしておくことです。

ーーーー平屋を2階建てに増築可能に

ーーーー増築・増床可能なスペース確保

ーーーートリミング機能の付加

ーーーー入院室・ホテルの付加

ーーーー院長室・スタッフ福利厚生スペースの付加

ーーーー等々

先生方には、当初は御辛抱いただくこととなりますがーーーーー

弊社事例では、数年後に「増床」「増築」「改築」「改装」、又は隣接地への新築移転等々へ、ステップアップされていく病院が多数です。

次回以降、こうした事例も御報告予定です。