2009年7月22日|

訪問記

先日、関東方面出張の折に、5年前に開院されました病院を訪問してきました。
6年前に、わずか11坪(資金は必ずしも十分ではなかったと、ましてはこの狭さでも盛業!)で開院されたのですが、何と1年で手狭になり、運よく直近の場所に1階15坪、2階15坪、計30坪のテナントが空き、移転開院されて5年、当時お子様が誕生されてまもなくの時期、もうすぐ小学校に上がられるとのこと。早いものです。
現在は、当エリアでは一番店の「勝ち組」病院として、盛業されていました。
獣医師の先生も5人体制となり、いよいよこの病院でも手狭になってきましたよーーーーー狭いなりの「戦略的病院」威力を発揮してますよーーーー院長先生の明るい笑顔が印象的でした。
将来は再々度の移転を計画しなければねーーーーーその時もまたお願いしますね!
私たちにとっては、このような「お言葉」が何よりなのです。
また、臨床中の独立開業予定の先生方の相談にものってくださいねとご紹介もしていただきました。
新規開業の場合、資金が必ずしも十分でないケースも多々あるわけですが、将来を見据えた「戦略的病院」の要素を最初からしっかり見極める事が重要です。
予算に合わせ、この要素の優先順位を決めて、一つ一つ実施していことが、盛業に繋がるものと実感いたしました。